ミノキシジルとの違いは?|AGAに効果を発揮してくれるザガーロを使ってAGAを治そう

ミノキシジルとの違いは?

中身が出ているカプセル

効果が高いと話題になり、どんどん人気を集めているザガーロ。
日本では既にミノキシジルというAGA治療薬がありますが、ザガーロとミノキシジルではどのような違いがあるのでしょうか。
AGAに悩んでいる人で、ザガーロとミノキシジル、どちらがより効果があるのか気になっている人もいるかと思いますので、ザガーロとミノキシジルの違いについて説明します。

ミノキシジルは皆さんご存知のように、元々血管拡張剤として開発された薬で、後に発毛効果があると判明し、発毛剤に転用された薬です。
ローションタイプのものとタブレットタイプのものの二種類があり、一般的にはタブレットタイプのミノキシジルのほうが発毛効果が高いとされています。
ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させて栄養を毛髪に運びやすくし、毛乳頭、毛母細胞を活性化させるため毛髪の発育を強く促してくれます。
毛乳頭や毛母細胞は死滅してしまうとその部位からは毛が生えることはなくなってしまうため、発毛の命ともいえる細胞です。
この細胞を活性化してくれるミノキシジルは、発毛に特に効果を発揮してくれる治療薬だといえます。

これに対し、ザガーロは毛が抜けることを阻止する効果に優れています。
そのため毛が育ってもすぐに抜けてしまう、ミノキシジルではあまり効果が期待できなかったという人でも、ザガーロなら効果を期待することができます。
ザガーロとミノキシジルを併用することによって、より高い効果を期待できるという声もあるので、ミノキシジルとザガーロを併用するというのも一つの手です。